木の飾り SE転職suddenlyハッピー

システムエンジニアとインフラエンジニアについて

木の飾り
SE転職suddenlyハッピー >> システムエンジニアとインフラエンジニアについて
木の飾り

システムエンジニアとインフラエンジニアについて

システムを構築するのにプログラミングを利用するというのは言うまでもないことですが、忘れられがちなのがシステムのインフラの部分です。

プログラムだけがあってシステムが動くのではなく、それを動かすコンピュータが必要なのは当然ですよね。システムの土台はOSでよくあるのはLinuxベースのOSです。一昔前は、SunのSolarisやHPのHP-UX、あるいはAIXなどメーカー作成のOSが好んで使われていましたが、最近はLinuxの仕様割合が非常に高くなってきています。

もちろん銀行などのミッションクリティカルなシステムではそれなりのOSを使わなければならないのですが、その辺りはどの企業も費用対効果を考えることになりますから、Linuxで十分だと考えれば、基盤はLinuxベースに決めることになります。

自分が応募した理由を説明するのに自己PRが含んではいけないというわけではありませんが、それがメインになってしまう例が目立つので、これらは混同しないように思いながら書き、読み手の印象に注意することは重要です。職業を変えたいと思ったときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまでの職場での経験や実績を生かしたシステムエンジニア転職を行おうと考えている人にもおすすめしたい資格です。

社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。「給料をアップしたい!」、今の仕事がやりがいがない、という理由で、大企業へのシステムエンジニア転職を目標とし、夢見ている人もいると思います。

どうにも次の会社が決まらず難しいと思うのなら、注意しましょう。大事なのは落ちつくこと。
そして自分に今何が足りていないのかを客観的に考えることです。そしてリフレッシュすることも大切です。

システムエンジニア転職する場合、履歴書の職歴欄には読み手に伝わりやすいように記入しましょう。
あなたの今までの業務の内容がわかれば、今必要としている役職で活躍できるか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。
同様に、写真はとても重要なものなので、友人などに頼まず、プロが撮影してくれるところで、撮ってもらうのが良い、と言われています。もし、書き間違いをしてしまったことに気づいたら、面倒でも、新しい履歴書をつかってください。
システムエンジニア転職活動は今の職を辞める前に行って、システムエンジニア転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。

インフラの仕事というのは、地味ですがエンジニアにとってみればやりやすい仕事であるとも言えます。アプリケーションの部分というのは大抵数か月〜1年程度の構築があり、その後のメンテナンスは他の要員に任せることが多いですが、インフラは保守を継続していくことが多いので、同じ仕事で年単位で働くことができるからです。

関連記事

木の飾り
SE転職suddenlyハッピー 木の飾り
Copyright (c) 2014 SE転職suddenlyハッピー All rights reserved.
木の飾り