木の飾り SE転職suddenlyハッピー

プログラマーと年齢による限界

木の飾り
SE転職suddenlyハッピー >> プログラマーと年齢による限界
木の飾り

プログラマーと年齢による限界

プログラマーでよく言われるのが年功というもの(特に、多くはプログラミングを単純な仕事と考える会社方針によるものがあります)で、その給料のシステムについて考えてみたいと思います。

ITエンジニアについて、よく言われるのが、ドカタともいわれるもので、そして、それは死の行進ならぬデスマーチであったりします。忙しくても、そうでなくても永久に腕時計は進みます。つまり自分が頑張らなければ構築は進まないということです。

そして、プログラマー的な腕力は通常必要です。体力つまり何が何でも完成までもっていくという気力が必要だということです。そういうことから、プログラマーとしての制限において、多くの意見を集約して、およそ年齢30-35年であることは存在しました。

どんな部署でどんな仕事を担当してきて、その経験によって、自分としてどういったアウトプットが得られたのか、今後のキャリアにどうかかわったなどの記述をすることで、採用担当者の目に留まると思います。履歴書をどう書くのか実際よくわからないという人がいるはずです。
それでも、ネット上での情報を利用すれば、履歴書の書き方例の無難な例なども掲載されていますので、丸呑みするのではなく良い部分は参考にして実際に履歴書を作成するとアリだと思います。

仕事で必要な資格を保有しているのとしていないとでは、応募した人物の履歴書を最初にチェックする際にも変わってくると思いますよ。近い将来プログラマー転職することを検討している人は、考えているエンジニアSEIT求人 転職先が業務を行う上で必要としている資格は何?ということをハッキリさせ、どうせなら先に資格の取得をすすめるという方法も検討してみてください。

一般的に、エンジニアSE転職時の志望動機で大切になるのは、仕事への意欲が伝わるような前向きな内容でしょう。自分の成長につながりそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといった意欲的な志望動機を考え出してください。
その際、できるだけ、志望する会社の特長と合致するような志望動機を説明することが望ましいです。そのためには、綿密な下調べをするようにしましょう。

これまでいた企業の名前を出して、この期間働きましたという簡便な記載方法では、採用試験にもかかわるであろう企業の採用担当者にあなたがこれまで携わってきた仕事を正しく伝えることが不可能なのです。

それは、「引退するまで35歳(30歳)の理論がある、それまで年齢の老けさせるまでにプログラマーとして何とかしなければならない」という格言を呼びます。

熟練したプログラマーにはそれはそれで恒常的な要求があります、そして、プログラマーの定年の理論はより過去のものになります、しかし必ずしも全員ではないことに注意が必要です。

関連記事

木の飾り
SE転職suddenlyハッピー 木の飾り
Copyright (c) 2014 SE転職suddenlyハッピー All rights reserved.
木の飾り